消費者金融の未返済債務の扱いについて

消費者金融でお金を借りたというときに未返済の分がどのくらいになっているのかということを把握しておくことは重要です。どれくらいの期間で返済し終えるのかということを計算していくことができるようになりますし、それによって日々の稼ぎの必要額やそれまでの計画などについて組み立てていくことができるようになるからです。
未返済のまま時効が過ぎたという場合には、返さなくても法的には問題がなくなります。この場合には、時効の援用という手続きを行なっていくことでその債務について無効にしていくということができるようになるのです。それまでの契約で支払った分などについては正当な契約に基づくものなのでそのままということになります。
このときに、消費者金融側から催促をするということは契約そのものは存在するため可能です。貸した側が返してほしいということは当然のことですから、それに対してどのように対処をするのかということになります。時効を援用するということを伝えたときには、その法的な手続き完了を持って支払いの義務が発生しなくなります。
このときに少しでよいからということで小額の返済などを行なっていくと、契約継続の意志があるということとみなされるため全額についての債務が継続することになります。全体のうち少しだけ払うという意志がある場合などには、法的にそのような和解や調停をするという書面を交わしておくほうが確実なものとなるので注意が必要です。

関連記事

Categories: 金融